世界一なりたい億万長者
億万長者になるにはどうしたらいいか?夢の実現への始まりです。
200808<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200809
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
確定申告(医療費控除)
ブログを読んで頂き、ありがとうございます。

2月16日から1ヶ月間の確定申告が始まります。
そこで今日は医療費控除の確定申告について記載します。

私もお金の勉強を始めてから通常の確定申告と併せて
医療費控除の申告を昨年しました。
返ってきた金額は約5000円でしたが、お金が返ってくるというのは
実にうれしいものです。

さて医療費控除のポイントについてですが、対象は1年間に支払った
医療費から民間医療保険の給付金を差し引いた額のうち10万円
(所得金額が200万円未満の場合はその5%相当額)を越える部分。
控除額は上限200万円、医療費は一緒に生活してる妻や子供の分も
算入できます。
病院、薬局のレシートまたは領収書を添付する事が原則になります。

医療費控除の計算方法ですが下記のようになります。
(実際に支払った医療費の合計額-保険金など補填される金額-
        10万円(合計所得金額200万円未満の人はその5%の金額)

控除の対象になるかどうかの判断方法ですが、医師の判断に基づいた
場合は控除の対象になりますが、それ以外は対象外になります。

医療費の範囲ですが医師による治療費、医師の治療を受けるために
直接必要な費用(医療用器具、ベット代金、ただし差額ベット代で
自分の意思で部屋を変わりたいと伝え個室、特別室を選んだ場合は
対象になりません。)
その他に治療に必要な医薬品、病院へ行くための経費(通院費)、保険師
看護師などによる療養費用が対象になります。

では、いつからいつまで支払った医療費が対象になるかですが
その年の1月1日から12月31日までです。診察日ではなく、実際に
支払いをした日で判断します。

詳細は国税庁のホームページを見て頂きたいと思います。

皆さんも医療費控除の確定申告を一度してみませんか?

ランキングはこちらをクリック!



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 株ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ












copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。